SSブログ
普通の日々 ブログトップ
前の10件 | -

クニさん箱の整理 [普通の日々]

年末から始めた資料の整理、残り10箱+α、コツコツやっています。
興味深い台本やスコア類、執筆や取材を受けた雑誌類、オープンリールやカセットやDAT、大量のシングルレコード等、の他、手紙やメモ書きも大量に。

中には本当に辛かった時代のメモ書きもあり、一緒に確認しながら思い出しながら、も辛くなりそうで、、、。
人の一生は宇宙規模で見れば気が付かれないくらい一瞬の事だけど、80年の時間の重さって空を見上げた時の星の数みたいだよなぁ。

写真はNHKの番組台本。
「うたってゴー!」以外にも色々出てきます。
AB723026-8CEF-4EB6-9172-A8C8AFCFCFBB.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

『トムとジェリー展』『おびひろ氷まつり』 [普通の日々]

『トムとジェリー』展は、ハンナ&バーベラ両氏の出発点?黄金期時代の原画やセルに始まり、スコット・ブラント氏のコレクション、現在のワーナー・ブラザースの取り組みなど、札幌三越の催事場だけではもったいないと思う位のボリュームで会場が造られていました。
図録や書籍でも見ることができるけど、自分の眼でトムジェリのスケッチ画の、作者の温かい鉛筆さばき(?)の線を観ることが出来て良かったです。伝わるものが違うと思います。トムもジェリーもものすごく作者から愛されていたのだなぁ、と。
写真は場内で許可された撮影スポット。
アニメでなじみのトムの変形姿オブジェ達。
1691F3D1-904E-4C7A-9D43-61A1AEC742D4.jpegC01532B6-1CCD-4A77-9C82-0915B5833078.jpegA59D0361-BAC4-4892-BC8E-072F8B11BFC5.jpeg6C6823A7-C17C-40E1-939D-DFC64CC18293.jpeg

帯広に戻り、今年は規模縮小で開催された『おびひろ氷まつり』へ。
「今年は中止の方が、、、」と言われたけど開催して頂けて良かったです。
私はこの凍てつく冬の帯広が大好きだ、と改めて思いました。

氷彫刻の数々。

66E2742F-F3B8-47C5-A8BA-3E3D98332567.jpeg7AA85A58-FF57-43FD-BCB8-D3B252C26B30.jpeg
B3905C1B-48E5-4F1F-9D3D-18F58FB199CB.jpeg745DBFB3-F682-49E8-B533-618CAE28C2EB.jpeg
083BEE7B-56A8-468C-82FE-B5B816A21BE1.jpeg999C8CA5-55B7-4E4D-A1C1-4430971A345A.jpeg

アイラちゃんは赤が似合うと思う[わーい(嬉しい顔)]
同じ作品でもライトの色が変わると印象が変わる。

紙ランタンも!
今年も少しだけど参加させて頂きました。
素敵な作品がいっぱい!
アマビエさんもチラホラでした。
E0632F9C-8717-4F1D-97D9-9700A9174F28.jpeg964A1487-3936-4ADC-BB7A-BAA3B2590BC4.jpegC3CF8BED-8CC5-4F28-890F-10B9EDBCB80C.jpeg8FDDD51E-0C1A-4549-BFDE-6C7579165A3C.jpeg

今年は手先が器用なクニさんにも参加して頂きました。
443FB58A-01E8-4928-BC17-E9C78791DC5A.jpeg
もうすぐ立春。



nice!(0)  コメント(0) 

1月17日 [普通の日々]

26年前の今日、阪神淡路大震災がありました。
当時私はCalArtsで学生をしていて、一年前の同じ日にカリフォルニアであった大震災の追悼イベントが校内で行われていた所に日本からのニュースで知り、何か偶然とは思えない1日になっています。

その震災後、クニさんと新沢としひこさんが10年にわたり追悼公演を続けて、その時々に参加させて頂き、その後も現在まで毎年関西へ公演の為に行くので、徳が流れてもあの悲しい辛い記憶は褪せていない事を思います。
被災して亡くなられた方の事、その周りのご家族やご友人の事、これからも忘れずに心に留めておきます。

そんな今日、先ほど嬉しいお知らせが、、、昨日今日とアンサンブルコンクールが十勝でも行われて、指導させて頂いた2組が金賞を受賞との事。おめでとうございました!
こども達も先生方も頑張っていたので本当に良かった!嬉しいです。
全道大会へ向けて楽器運搬とか本当に大変だと思いますが引き続き頑張れ〜!とエールを送ります。


nice!(0)  コメント(0) 

2020年大晦日 [普通の日々]

あと数時間で2020年が終わります。
言わずもがな、大変な一年だったと思います。
そして一年が過ぎるのがいつにも増して速かった、、、。

コロナで大変だったけど、好きなアーティストさんのオンラインライブを観たり、草刈りがキリ良く出来たり、レッスンで子どもたちが成長していく姿を見れたり、大事なものが分かったり、健康に大晦日を迎えることが出来たり、、、、私は良い事も沢山あったと思います。クニさんが帯広市文化賞を頂き元気に過ごせて一緒に居られる事も良い事の一つ、いや最高な事。

今年3月にクニさんのお姉さんが逝去した為、我が家は喪中です。入籍してはじめてのお正月、河内家のお雑煮の作り方をハガキで送ってくれた、おかあさんの様な温かいお義姉さんでした。

来年はどんな事が待ってるのだろうか、、、?
何があっても慌てない振り回されない、そんなしなやかさと強さを持っていたいと思います。

写真は10月の野付湾の日の出。
明日も明後日もこれからもずっと、日は昇ります。
世界中の人が幸せでありますように。

E1BAA16D-5AB0-462B-B1EC-45683CFC71FA.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

2020年12月の事 [普通の日々]

(久しぶりの投稿、長いので、、、)

今年はコロナの影響で毎年恒例になっていたクリスマスコンサートは無いかもしれないね、とクニさんと夏頃まで話していましたが、12月2日に多摩市子育て総合支援センターたまっこ、から始まり、関西で4園、多摩市で4カ所、演奏をしてきました。
改めて、お世話になりました皆様へ、感謝します。
ありがとうございました。

10月に「クリスマスコンサート、今年もやりましょう!」とお声をかけて頂き、それだけでも感激でした。少しずつ、罹患者が減っていた頃です。
ところが、12月が近づくにつれ、コロナ陽性者が全国的に増えてきました。
いつ公演がキャンセルになっても不思議では無い状況、キャンセルや中止自体には何も問題を感じていませんでしたが、先が見えない、計画を立てて行動することができないことは、大きなストレスで、ヒリヒリしていました。

私は演奏する楽器がマリンバという大きな楽器なのでピアノの様にどこでもある楽器と違い、演奏するためには楽器の運搬を考えなければいけません。この十数年は専門運送業にお願いして本州へ送り、自分は飛行機で移動、現地でレンタカーに乗り換え、楽器を運んでいましたが、今年のこの状況を考えていつ予定変更があっても対応ができる様に、加えて、パートナーのクニさんは高齢なので、人との接触を極力避けて移動する為、帯広の自宅から自家用車へ楽器を積み、移動することに。

私自身は運転もフェリーも大好きなので、どの航路も良しですが、クニさんは船が苦手。なので、フェリーは函館・青森航路を選択。

12月2日の公演では、市の規定に沿って公演のプログラムはなるべく歌を減らし、ふれあい遊びはなるべく入れず、フェイス・マウスシールドを着けて歌と演奏。
IMG_0712.jpeg

6月からエコパ、7月からは音楽WSを再開してましたが、お客様をしっかり前に演奏するのは本当に久しぶりで、なんだか夢を見ている様な気持ち。コロナ禍で多くの演奏家が活動できない状況の中、自分が演奏させていただけるなんて奇跡だ!色んな思いが頭を駆け巡る、、、。
シールド越しの為、最初少しぎこち無い気持ちでしたが、少しずつ音楽でキャッチボールする感覚が戻ってきました。ガクガクドキドキしました。

3日からは保育園幼稚園のコンサート。
いつもは1時間、園児さん皆で楽しむコンサートでしたが、人数も時間も半分ずつにしていました。
先にも書きましたが、プログラム曲目は出かけるかなり前から思案して、クニさんとあーだこーだ話し合った末の演目にしました。バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」のマリンバ演奏から始まり、クニさんの「透明人間」に続き、「楽器紹介の歌」「うたってメリークリスマス」で少し歌い、、、。

今回改めて気づいたこと・・・クニさんが何かするだけで、子ども達は惹きつけられていて、目をキラキラさせて、、、。初めてクニさんが子ども達を前にして演奏する場に立ち会った時、「この人、空気を変えてしまうんだ!」とびっくりしましたが、30年近くたった今も健在で、むしろ磨きがかかっているのか、と。私が後30年がんばっても追いつけないところにいらっしゃいます。

クニさんのあそびに「きおつけ」という、ただ「きおつけ〜!」と言ってるだけの演目があるのですが、子ども達は大盛り上がり。この「きおつけ」と「たべすぎあらいぐま」の2曲だけで60分コンサートができてしまうのだろうな、と思う様な楽しい時間でした。

コンサートが終わる時には、相撲の追い出し太鼓の様に、クリスマスソングの演奏BGMで子ども達に会場を出てもらう流れで終演。帰り際に「バイバイ」「ありがとう」「たのしかったよ」と声をかけてくれる子ども達にほっこりしました。
クニさんは、と言えば、公演が進むにつれ、なんだか、どんどん元気になっていきました。これまた改めて気がつきましたが、クニさんは演奏することが生きがいの一つなんですね。

IMG_0715.jpeg
公演の合間に散歩したり、河内の御先祖様と父のお墓参りも出来ました。ほっとしました。

IMG_0730.jpg
IMG_0729.jpg
キラキライルミネーションの永どんにも会えました。

無事に全公演を終えて帰り道、ニュースでも大きく報道されていた関越道の立往生、あの同じ日に北へ向けて移動していましたが、東北道の一関〜北上間が通行止めになり、並行して走る国道4号線が大渋滞になり、加えて大雪。タイヤはスタッドレスですが、北海道でもあまり経験したことがない大雪と渋滞で不安になり、岩手県平泉でやむなく避難の一泊。翌朝もまだ大雪で、すぐそこに世界遺産中尊寺がありましたが行く事は出来ず、、、。
IMG_0735.jpg

帰りも青森・函館航路で。
函館で一泊し、道中でハセガワストアの焼き鳥弁当を買い込み、十勝までの移動を再開。
雪が降ったり止んだりの道央道を抜けたら、道東道むかわ・占冠間が通行止め。久しぶりに峠を一般道で走りましたが怖かった、、、。
雪道は登り坂より下り坂の方が圧倒的に怖いです。にしても、ビュンビュンと追い抜けれた帰り道、道民の雪道運転ハンパないです。

十勝に入ると、殆ど雪がなく、、、。ちょっと拍子抜けして、安心しました。
総走行距離は、、、
IMG_0743.jpg
計測し始めたのが芽室ICなので、プラス40キロくらい、トータル約4000km。
愛車のルーミーくん、よく頑張った。

翌日は流石にどっと疲れが出ました。沢山寝ました。
クニさんから「心配になるくらい大イビキかいてたよ」と言われました。

そして一昨日12月20日、出講している池田高校吹奏楽部の定期演奏会を聴きにいきました。
今年は、部員みんなにとって大きな貴重な機会がコロナに奪われ思い通りに活動できない期間が長かったのですが、春先の自粛期間にYouTubeに投稿した応援動画が道内テレビ局に何度も取り上げられていた彼等。色んな感動をくれて3年生は最後の演奏会、そして久しぶりの池吹鑑賞という事でとても楽しかったです。が、終演に近づくにつれてあれこれ思いが募り、アンコールで10年近く前に一緒に作った「きみに出会えたしあわせ」を歌うのを見ていたら涙腺が崩壊してしまいました。明日、授業で、、、。

そんな年の瀬。
クニさんからクリスマスプレゼント、YouTubeに載せてくれました。
https://youtu.be/wxA455oQI8s

CD『ぼくの歌を』に収録されています。

ぼくのうたを クニ河内作品集

ぼくのうたを クニ河内作品集

  • アーティスト: クニ河内 野田美佳
  • 出版社/メーカー: スタジオレラ
  • 発売日: 2008/12/22
  • メディア: CD




nice!(0)  コメント(0) 

草刈りっ記〜2020年最終日 [普通の日々]

まもなく雪が降るだろう、に備えて今年最後の草刈り。
本当は今日こんな事をやっている場合じゃないのですが、今日を逃すと長い冬中「もう少し綺麗に刈っておけば良かった」と後悔することになるので、、、。

コロナの事で先の見通しが立たないこの頃、ここでこうして生きていられる事は幸運でしかないけど、もやもやが晴れないのは、社会と繋がっていたい気持ちが有るからかな、と思う。

がんばろう。
24BD8A98-DEDA-458A-B927-0E9E39BD8832.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

未来が読めたらいいのにな [普通の日々]

今日は3つの出来事がありました。
1つ目は、帯広市民文化ホールが行なっている地元アーティスト応援動画の撮影。小ホールでマイク付きの録音と撮影。ホール演奏は数ヶ月ぶりで、楽器運搬も同じく久しぶりで、「こんなにキツかったっけ!?」と思う体力の消耗でクニさんと2人でびっくりしていました。

今日撮った動画は12月頃公開されるみたいです。
いつも舞台を支えてくれるスタッフさん達のプロジェクト、お時間あればご覧下さい。


ホールを出てから、このコロナ禍で生の舞台に関わる人たち(自分を含め)には、未来を眺める眼鏡があったらいいのになぁ、と思いました。経験したことの無いこの状況で、精神が生き残っていく為に必要な事が見えたらまだ耐えられることがありそうで、、、。

3つ目は(2つ目は省略)、夜、ご近所のご夫婦が3組、ご馳走を持ってクニさん受賞のお祝いに来てくれました。
広いスタジオの床暖房のスイッチを3年ぶりに入れ、それ以上数年ぶりにのんびりご飯を食べてお話。クニさんも私も北海道には親族がいないので盆も正月も2人だけで普段と変わらない生活で、それに慣れてしまっていたので、こんな風にお祝いして頂ける事が嬉しくて、、、。

明日からまた、いつもと同じように頑張ろう、と思いました。

nice!(0)  コメント(0) 

草刈りっ記〜中秋 [普通の日々]

先週は母と道内ドライブ旅行、紅葉[もみじ]が進んでいて、どこもかしこも綺麗でした。

雪の時期、穏やかな冬景色が見たい一心で草刈り。
今の時期は夏と違い、虫に怒られないし、草が伸びるのも遅いし、刈った草が乾燥するのも早いのでやる気が出ます。
十勝は秋冬の方が天気が良いので時間が出来れば作業も楽しい。
ただ日が短いので作業時間は短め。

季節外れのたんぽぽが咲いてて、いとおかし。


2627B1E9-9AA2-4566-A0F8-3BD506F8AB19.jpegF9D1378C-960E-4481-9F4B-CD39E7F632CE.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

動画がんばり記 [普通の日々]

今日から十勝の各校は分散登校が始まりました。
私も、今週から14年目になる高校の出講が始まる予定です。
直接指導されていませんが、どこかの教育庁からは、英語の音読、音楽の歌唱、などは、しないように、と箝口令が敷かれているらしく、戸惑います。
が、
専門は打楽器ですから、楽器だけで遊べる、じゃなく「授業できる」内容を楽しくやっていきたいと思います。

前回のブログで、『ハンバーグの歌をつくろう』というワークを動画に投稿しました、ということを書きました。
今日までの間に、動画にまつわるあれこれ、があったので、今日はその事を[ペン]

1.ハンバーグのつづき;
【ハンバーグの歌をつくろう3〜音をさがす1】
https://youtu.be/Z4vRwNxASVI

今回のねらいも「耳を育てる」ことですが、楽器に向かう時間が必要になるので、少し難しいと感じるお子様もいると思います。特に、「声を出して音を確かめる」ということがワークに含まれているので、慣れないうちは大人でも難しいものです。
「目的を持って音を聴く時間(=語学修得にも役立つ技能)が少しでもあれば!」という思いから作っているので、適当でも構いません。音あそびをしながら力がついていけば、こんなに嬉しい事はありません(とFacebookにも書きました)。

今回の動画の後半では、クニさんの新曲『ドレミファそうさく隊』を御紹介。以前からステージで歌っていましたが、音の名前と歌詞をワークに結び編曲して歌ってくれました。

これは役得!?

クニさんを撮影してて「この人は芸能人なんだな〜」と改めて思います。
映り方を心得ているような感じ。NGの時は、自分から「もう一回!」と合図をくれます。


2.『エビカニクス』で大人気のケロポンズさんと共演させて頂きました!;

私が大学卒業して間もない頃に、ケロポンズの増田裕子さんにお誘いを受け、ソロライブにゲスト出演させて頂いた時にやっていた『熊蜂の飛行〜おいしいハチミツの使い方』を、ケロポンズの【意味のない音楽会】でやりましょう、とのことで、ご連絡頂き、演奏しました。
こちらの動画も、紹介させて頂きます。

ケロポンズ【意味のない音楽会Vol.5】
https://youtu.be/s4mr6aBafpo

実は、公開されているのは割烹着姿ですが、今回録画するにあたり、最初は黒子に徹しようと思い黒の上下衣装で映像も小さくした物を送りました、が不採用。割烹着が正解だったみたいです笑。
30年前のネタでしたが、裕子さんの歌詞もセリフも覚えていて小芝居をした次第です。

3.池田高校吹奏楽部;

テレビを見ていたら、彼らの演奏動画が放送されていました。
【『行くぜっ!怪盗少女』 STAY HOME の皆さんへ笑顔を届けたい!by北海道池田高校吹奏楽部ダンプレ】
https://youtu.be/gaCUbevk9Wk

見覚えのある顔がちらほらで、見ていたら涙が出ました。
こんな素敵な子達と授業が出来るなんて、、、、。
頑張らないわけにいきません[パンチ]

8年前に彼らと作った動画もまだ、残っていました。
【きみに出会えたしあわせ】
https://www.youtube.com/watch?v=5h-L6KvWEgQ

素敵な繋がりが続いています。
今日の冒頭のコメントに繋がります。


nice!(0)  コメント(0) 

明日は『木琴の聖地』へ(笑) [普通の日々]

明日は、滝川おやこ劇場さん主催で、木琴物語、コンサートです。
全会員さん対象、ということで、小さな子ども達もいるそうなので、丁度1ヶ月前の石狩の時とは、少しだけ、内容が変わります、いや、大きく変わる所も一つ、、、仁木他喜雄さんの出身地ですから、私としては『木琴の聖地』での演奏、気合いが入ります笑。平岡養一さんに木琴奏者を目指す、夢と希望を与えた方が滝川氏出身の仁木他喜雄さんです。

このコンサート、マリンバと木琴の違いを、両方の楽器で演奏をお聴き頂きながら、お話も交えて進みます。
手前味噌になりますが、自分では、このプログラム、とても好きで良いなあ、と思っていて、、、。
もしかしたら、曲目と原稿があれば、誰にでも出来るコンサートかも、、、と思いますが、この公演の最大の魅力は、Deagan834、という1930年代に作られた小さな木琴の音色を現代マリンバと比較して聴けるところ。そうなると、この小さな木琴は、いまや、誰でも手に入るものでは無いので、この時代の楽器所有者限定、で演奏可能かも知れません(べつに、どや顔じゃありません)。

木琴との出会いは、心に豊かさやユーモアを運んでくれました。
なので、聴いて頂ける方に、同じような気持ちをお届けできると良いなあ、と思います。
滝川の皆様、どうぞ宜しくお願いします。
20130321-3.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 普通の日々 ブログトップ