SSブログ

『トムとジェリー展』『おびひろ氷まつり』 [普通の日々]

『トムとジェリー』展は、ハンナ&バーベラ両氏の出発点?黄金期時代の原画やセルに始まり、スコット・ブラント氏のコレクション、現在のワーナー・ブラザースの取り組みなど、札幌三越の催事場だけではもったいないと思う位のボリュームで会場が造られていました。
図録や書籍でも見ることができるけど、自分の眼でトムジェリのスケッチ画の、作者の温かい鉛筆さばき(?)の線を観ることが出来て良かったです。伝わるものが違うと思います。トムもジェリーもものすごく作者から愛されていたのだなぁ、と。
写真は場内で許可された撮影スポット。
アニメでなじみのトムの変形姿オブジェ達。
1691F3D1-904E-4C7A-9D43-61A1AEC742D4.jpegC01532B6-1CCD-4A77-9C82-0915B5833078.jpegA59D0361-BAC4-4892-BC8E-072F8B11BFC5.jpeg6C6823A7-C17C-40E1-939D-DFC64CC18293.jpeg

帯広に戻り、今年は規模縮小で開催された『おびひろ氷まつり』へ。
「今年は中止の方が、、、」と言われたけど開催して頂けて良かったです。
私はこの凍てつく冬の帯広が大好きだ、と改めて思いました。

氷彫刻の数々。

66E2742F-F3B8-47C5-A8BA-3E3D98332567.jpeg7AA85A58-FF57-43FD-BCB8-D3B252C26B30.jpeg
B3905C1B-48E5-4F1F-9D3D-18F58FB199CB.jpeg745DBFB3-F682-49E8-B533-618CAE28C2EB.jpeg
083BEE7B-56A8-468C-82FE-B5B816A21BE1.jpeg999C8CA5-55B7-4E4D-A1C1-4430971A345A.jpeg

アイラちゃんは赤が似合うと思う[わーい(嬉しい顔)]
同じ作品でもライトの色が変わると印象が変わる。

紙ランタンも!
今年も少しだけど参加させて頂きました。
素敵な作品がいっぱい!
アマビエさんもチラホラでした。
E0632F9C-8717-4F1D-97D9-9700A9174F28.jpeg964A1487-3936-4ADC-BB7A-BAA3B2590BC4.jpegC3CF8BED-8CC5-4F28-890F-10B9EDBCB80C.jpeg8FDDD51E-0C1A-4549-BFDE-6C7579165A3C.jpeg

今年は手先が器用なクニさんにも参加して頂きました。
443FB58A-01E8-4928-BC17-E9C78791DC5A.jpeg
もうすぐ立春。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。